トップ頁vvvvvvvvvvvvvv パイプのけむり・團伊玖磨の本 vvvvvv関連図書へ
 團伊玖磨氏には、代表的な「パイプのけむり」の他にたくさんの著書があります。
 もちろん、多くの著書には日々の生活や仕事のこと、講演、座談会、インタビュー、評論、趣味、いろいろな立場の人々との出会い、世界各国への旅など単行本として世に出たもの以外にも、新聞や雑誌,機関誌、会報などで発表されたものなどがあります。
 これらを完全に集約するのは難しいことですが、氏の生涯の業績を時代を超えて多くの人々にご理解をいただくためにも出来るだけ、多くの資料を探し掲載したいと思います。
 各著書の目次をクリックすると目次以外の関連事項を表記します。また、新しい記事などを随時、追記いたします。
書名 年代 出版社 備考
現代音楽に関する3人の意見 1956 中央公論社 芥川也寸志、黛敏郎共著
朝の国 夜の国 世界音楽紀行 1957 中央公論社 目次
エスカルゴの歌 1964 朝日新聞社 目次
不心得12楽章 僕の女性へのアドバイス 1964 文化服装学院出版局 目次
パイプのけむり(1)    1967 朝日新聞社 目次
ダンヒルたばこ紳士録 1967 朝日新聞社 目次
続パイプのけむり(2)   1967 朝日新聞社 目次
続々パイプのけむり(3) 1968 朝日新聞社 目次
カンヴァセーション・タイム(音楽的対話集) 1969 音楽之友社 目次
またパイプのけむり(4) 1969 朝日新聞社 目次
またまたパイプのけむり(5) 1970 朝日新聞社 目次
九つの空 1971 朝日新聞社 目次
まだパイプのけむり(6) 1972 朝日新聞社 目次
まだまだパイプのけむり(7) 1973 朝日新聞社 目次
毒ヘビは急がない 対談集 1973 読売新聞社 目次
さしたる用事はなけれども 対談集 1973 読売新聞社 目次
毒ヘビは急がない 團伊玖磨対談集 1980 文芸春秋社 目次文庫版
僕のハローグットバイ 1973 朝日新聞社 目次
團さんの談話室 もっと自由でなくちゃ 1974 集英社 目次
も一つパイプのけむり(8) 1975 朝日新聞社 目次
なおパイプのけむり(9) 1976 朝日新聞社 目次
日本音楽の再発見(現代新書) 1976 講談社 目次2001.11.09.平凡社再販
舌の上の散歩道 1976 朝日新聞社 目次
朝日小辞典 オーケストラ 1977 朝日新聞社 解説
好きな歌嫌いな歌 1977 読売新聞社 目次(文庫版も掲載)
なおなおパイプのけむり(10) 1978 朝日新聞社 目次
音楽の小径 1978 読売新聞社 目次 44
八丈多与里 1979 朝日新聞社 目次
重ねてパイプのけむり(11) 1980 朝日新聞社 目次
重ね重ねパイプのけむり(12) 1981 朝日新聞社 目次
なおかつパイプのけむり(13) 1982 朝日新聞社 目次
またしてパイプのけむり(14) 1983 朝日新聞社 目次
宴のおもいで-対談集 1983 講談社 目次 43
ひとしごととたべものと〜團伊玖磨と語る17人 1983 味の素広報室 目次(マイファミリBOOKS)
音楽の旅はるか(1) 1983 日本交通公社 目次
音楽の旅はるか(2) 1983 日本交通公社 目次
さてパイプのけむり(15) 1984 朝日新聞社 目次
音楽の旅はるか(3) 1984 日本交通公社 目次
さてさてパイプのけむり(16) 1987 朝日新聞社 目次
旅にしあれば 1986 朝日新聞社 目次
ひねもすパイプのけむり(17) 1988 朝日新聞社 目次
よもすがらパイプのけむり(18) 1989 朝日新聞社 目次
明けてもパイプのけむり(19) 1990 朝日新聞社 目次
暮れてもパイプのけむり(20) 1991 朝日新聞社 目次
追跡 ムソルグスキー『展覧会の絵』 1992 日本放送出版協会 目次
晴れてもパイプのけむり(21) 1993 朝日新聞社 目次
降ってもパイプのけむり(22) 1994 朝日新聞社 目次
さわやかパイプのけむり(23) 1996 朝日新聞社 目次
じわじわパイプのけむり(24) 1997 朝日新聞社 目次
NHK人間大学「日本人と西洋音楽」 1997 日本放送出版協会 目次
どっこいパイプのけむり(25) 1999 朝日新聞社 目次
私の日本音楽史 1999 日本放送出版協会 目次
しっとりパイプのけむり(26) 2000 朝日新聞社 目次
さようならパイプのけむり(27) 2001 朝日新聞社 目次
講演集「音楽と生活」 日本放送出版協会 CDにて販売
團伊玖磨自伝・青空の音を聞いた、写真集 2002 日本経済新聞社 目次
食「パイプのけむり」選集 2009 小学館 目次
旅「パイプのけむり」選集 2010 小学館 目次
全集抜粋、一部転用等
日本の名随筆集 作品社 目次