←トップ頁へ

和名 エリカ
漢字表記
別名・異名 ヒース
古名
語源 和名は学名から。/属名はギリシャ語で「砕く」の意のエレイケーに由来している。かつて、エリカが胆石を砕く薬効を持つと信じられていたことによる。※
学名 Erica spp.
英名 heath
仏名 bruyère
独名 Heide
伊語 erica 筑波実験植物園にて
西名 brezal
葡語 brejo
漢名 石南樹
植物分類 ツツジ科エリカ属
園芸分類 常緑低木
用途 路地植え/鉢植え
原産地 ヨーロッパ~北アフリカ/南アフリカ
花言葉 孤独
解説 エリカとはツツジ科エリカ属の常緑低木の総称である。たくさんの種類が含まれているが、樹高が2mを超える種類は少ない。枝はよく分枝し、葉は針状で、スギの葉のようにも見える。花は、壺型か釣鐘型で、穂状につく。花色は、暗紫紅色、白色、桃紅色等と多彩である。
履歴 南アフリカ産のジャノメエリカの場合には、大正9年(1920)頃に渡来している。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考 属名の語源については、別の説では、ギリシャ語のeric(=ほうき)が語源であり、箒をこの属の植物で作ったことからと言う。