←トップ頁へ

検索名 ヒメリョウブ
和名 コバノズイナ
漢字表記 小葉髄菜
別名・異名 ヒメリョウブ、アメリカズイナ
古名
語源 和名は、「小葉のズイナ」の意で、「ズイナ(髄菜)」とは、我が国に自生するItea japonnicaの意。マメ科カワラケツメイ属の薬用植物であり、旧学名(senna=ラテン語)である。/属名は、元はヤナギのギリシャ名であったが、葉形が似ていることから転用されてしまったという。/種小名は「アメリカ・ヴァージニア州の」の意。
学名 Itea virginica
英名 Virginia willow、Sweetspire
仏名
独名
伊語
西名 Itée de Virginie
葡語
漢名 小葉髄菜
植物分類 ズイナ科 ズイナ属
園芸分類 落葉低木
用途 庭木 筑波実験植物園にて
原産地 熱帯南アメリカ
花言葉 少し欲望
解説 コバノズイナは、ズイナ科(ユキノシタ科)の落葉樹である。樹高は1~1.5m程度。アメリカ原産のこの樹木は主として庭木として我が国では植栽されている。我が国に自生するズイナ(Itea japonica)より幾分小振りとなる。葉は楕円形で、下面には毛が見られる。5~6月頃、前述のズイナよりも幾分太めの穂状花序を出し、クリーム色を帯びた白色の小花を多数開花させる。花姿は一見してリョウブの花にも似ているので、「ヒメリョウブ」の別名もある。花ばかりではなく秋の紅葉も楽しめる樹種である。
履歴 我が国へは明治期に渡来している。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考