←トップ頁へ

和名 ケラマツツジ
漢字表記 慶良間躑躅
別名・異名
古名
語源 和名は、沖縄県の慶良間諸島に由来している。/属名は、rhodon(=バラ)とdenndoron(=樹木)の合成語で、「赤い花をつける木」の意。
学名 Rhododendron scabrum G. don
英名
仏名 沖縄県那覇市:沖縄県庁前にて
独名
伊語
西名
葡語
漢名 火紅杜鵑
植物分類 ツツジ科ツツジ属
園芸分類 常緑低木
用途 庭木/盆栽
原産地 日本(奄美大島・沖永良部島・琉球列島)
花言葉 自制心、節制、恋の喜び、初恋、燃える思い
解説 ケラマツツジは、ツツジ科の常緑樹である。樹高は1~3m程度。枝はまばらで、褐色の毛が見られる。葉は大きく厚い。1~3月頃、緋紅色の花を見せる。花径は5~10㎝程度。雄蘂は10本。
履歴
県花・国花 沖縄県:渡嘉敷村花・座間味村花
古典1
古典2 『和漢三歳図会』
季語
備考