←トップ頁へ

和名 サンショウバラ
漢字表記 山椒薔薇
別名・異名 ハコネイバラ(箱根薔薇)
古名 撮影地:筑波実験植物園→
語源 和名は、葉形がサンショウに似ていることから。/属名はバラに対するラテン古名/種小名は「やや粗毛がある」の意。
学名 Rosa hirtula
英名
仏名
独名
伊名 撮影者:さいたま市 滝沢宏至様↑ 
西名  
葡名    撮影者:東京都 山口米子様↓
 撮影地:皇居東御苑↓
 
漢名  東京大学付属日光植物園にて(GKZ撮影)↓ 
植物分類 バラ科バラ属
園芸分類 落葉低木
用途 庭園樹/果実酒(果実)
原産地 日本(富士・箱根地方のみ)
花言葉 病気の回復、温かい心、 満足、美しい少女、上品、気品、しとやか
解説 サンショウバラは、バラ科の落葉樹である。本種はバラ属の中では、最も高い樹高となり、5m程度に及ぶ。富士・箱根地方のみに自生が見られるので、「箱根薔薇」とも呼ばれる。落葉生で、良く分枝をし、枝には扁平な強い刺を持つ。本種は、葉がサンショウに似るので「サンショウバラ」の和名を持つ。葉は奇数羽状複葉で、9~19個の小葉からなる。小葉は長楕円形で、縁部には細鋸歯があり、先端部は尖り、羽軸並びに葉の両面の主脈部に軟毛が見られる。5~6月頃、枝先に径5~6㎝程度で淡紅色の5弁花をつける。花後の果実は径2㎝程度の扁球形で、周囲に硬い刺がある。
履歴
県花・国花 神奈川県:箱根町(花)・山梨県:山中湖村(木)
古典1
古典2 『本草綱目啓蒙』
季語
備考
『パイプのけむり』 巻数 頁数 タイトル
16 88 「箱根仙石原」