←トップ頁へ

検索名 シンパク(真柏)  
和名 ミヤマビャクシン
漢字表記 深山柏槇
別名・異名 シンパク(真柏)
古名
語源 和名は、高山帯に自生が見られることからと言う。/属名はケルト語の「粗い」・「ざらつく」に由来しているという。/種小名は「中国の」の意。/変種名は北米の植物学者C・S・サージェントの名に因んでいる。
学名 Juniperus chinensis var. sargentii
英名 Sargent's Chinese juniper ↑ 東京大学附属日光植物園にて
仏名
独名
伊語
西名
葡語
漢名 真柏
植物分類 ヒノキ科ネズミサシ属(←ビャクシン属)
園芸分類 常緑低木
用途 庭木/盆栽
原産地 日本(北海道・本州・四国・九州)/サハリン、南千島/朝鮮半島
花言葉
解説 ミヤマビャクシンは、ヒノキ科の常緑樹である。幹は匍匐して屈曲する。葉は青緑色で、若木の時には針状葉も見られる。球果は球形で、粉白を帯びた碧黒色。盆栽の世界ではシンパク(真柏)と呼ばれている。
履歴
県花・国花 和歌山県由良町木(キシュウシンパク)
古典1
古典2
季語
備考