←トップ頁へ

和名 オオアマナ
漢字表記 大甘菜
別名・異名 オーニソガラム・ウムベラツム
古名
語源 英名のChincherincheeは、花後に実った子房をつけた枯れ茎が風に吹かれてチンチンとなると思われたことから。/属名は、ギリシャ語のOrnithos(=鳥)と gala(=乳)の合成語で、乳白色の花色から。/種小名は「散形花序の」の意。
学名 Ornithogalum umbellatum
英名 Chincherinchee/Star of Bethlehem/Nap at Noon/Summer Snowflake
仏名 ornithogale/ou Dame de onze heures 拙庭にて
独名 Dolden-Milchstern,Doldiger Milchstern,Stern von Bethlehem
伊名 Stella di betlemme
西名 Estrella de Belén,Leche de gallina
葡名 Estre de Belém
漢名 虎眼万年青
植物分類 キジカクシ科(←ユリ科)オオアマナ属
園芸分類 多年性草本(球根)
用途 切り花/花壇/鉢植え
原産地 ヨーロッパ/西アジア/アフリカ
花言葉 純粋/潔白
解説 球根性の宿根草である。球根は卵形、または、偏球形の有皮鱗茎で、径3~10㎝。鱗片は紙のように薄い。この球根は毒性があるが、食糧不足の際には焼いて食用にしたという。葉は15~60㎝の線状か革紐状で根生する。その中央から花茎を伸ばし、頂部に散房または総状花序をつける。花は筒部のない分離した6花被片からなる。花色は白、黄緑白、黄から橙紅までと多様。
履歴 わが国へは明治末期に渡来している。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考
『パイプのけむり』 巻数 頁数 タイトル
20 112、114、115 「ベツレヘムの星」
22 178 「ベツレヘムの星」